infodesk.club

超マーケティング■商品の付加価値のつけ方

■ 商品の価値についての考え方

さてここで あなたが販売する商品の価値について少し考えてみたいと 思います
商品の価値とは目に見えるそのものではありません 商品の価値とはそれを使用することにより消費者が得られる満足度なのです

例えば メルセデスベンツなどは、車そのものの性能や 形もさることながら それを保有しているというステイタスが商品価値なのです
ですからいい物を作れば勝手に売れるということは今の時代もう ありません。物質的に満たされるだけでは売れないのです。
だとしたらどうすれば売れるのか?

消費者が商品を使用した時のイメージ使用価値を徹底的に上げるのです
この商品を使用すれば・・・こんなに毎日が楽しくなりますね この商品を使用すれば・・・あなたは苦痛から解放されますね この商品を使用すれば・・・あなたは他の人よりカッコがいいですね この商品を使用すれば・・・あなたは世の中から評価されますね
このイメージを見込み客に訴求するのです。

☆ ポイント
顧客には商品の使用価値を訴求しよう

■ ソフトで勝負

商品の機能性だけで勝負するのは厳しくなりました
ソフトとは目に見えない価値です

例えば
・Aさんから購入したら アフターフォローもいいし役に立つ情報も 提供してくれる
・このパソコンはできる男のイメージを与える
・この商品を使わないと世の中に取り残されてるような感じがする
これは商品の機能性とは別物ののソフトな部分なのですね
これは前項のイメージ使用価値を上げるということとかぶる ところがあるかもしれませんが、このソフトの部分をどう作り上げるかが マーケティングの重要ポイントなのです

☆ ポイント
商品はハードでは差がつきにくい ソフトで勝負しよう

Categories:   経営

Comments