infodesk.club

お金を引き寄せる法則■誰にでもできる具体的方法とは?

■ あなたにもできるお金の引き寄せ
お金はお金持ちのところへ集まるのであれば、自分のところへは、 お金を引き寄せることはできないと思われるかもしれません。
しかし、お金持ちになぜお金があるまるか?で前述しましたように、 お金が集まる理由をみてみると誰でもお金を引き寄せることは可能です。
それは、「価値ある情報」を集めるということです。
お金持ちのところへは、情報は集まってきますが、そうでない場合は こちらから集めるように努力しなければなりません。

情報を集めようとすれば、まず情報を発信することです。
情報を発信すればするほど、あなたには情報が帰ってきます。
できるだけ、人と会って価値の高い情報を得るようにしましょう。

人脈というのは、価値ある情報を発信したり、得たりするネットワークです。
ビジネスにおいては、持っている情報に価値がない人脈はあまり意味がありま せん。 (もちろん ビジネス抜きの付き合いも楽しいですが・・・)
あなた自身が価値ある情報を発信しながら、価値ある情報を得ていくような 努力をすれば、あなた自身に求心力が出てきます。
そもそも求心力とは、お金と情報です。
お金と情報があるところには人が集まってきますね。
情報を発信していれば、自然に情報が集まってくるようになります。

■ お金を稼ぐということは?
お金を稼ぐとはどういうことでしょうか?
それは、あなたの持っている商品、サービス、ノウハウを提供して代わりにお 金をもらうということです。
世の中、商品やサービス、ノウハウの価値はお金で評価されます。
いや 最近は人そのものがお金を持っているか否かで評価される時代です。
あなたの周りにもお金持ちといわれている人がいると思います。
そのようなお金持ちは、毎日必死に働いてますか?
もちろん、必死に働いている人もいると思いますが、それほど働いている ように見えない人も多いのではないでしょうか。

きっと、あの人はなぜあまり働いてないのにお金持ちなんだろう?
私はこんなに働いているのにお金がないのだろう?
と思う方もおられるでしょう。
つまり、資本主義の世界では、一生懸命に働くこととお金を稼ぐということは 必ずしも比例しないのです。
お金持ちは その人が持っているものを 効率的に 効果的に 換金している のです。
どんなに働いても、換金力が低ければあなたはお金持ちになることは できません。

■ 換金力を高める
あなたのところへどんなに価値ある情報が集まっても、情報のままでは お金になりません。
集まった情報を分析して 加工し お金に換える必要があります。
これが「換金力」なのです。
いつも忙しそうにしているけど、お金が無い人がいます。
おそらく忙しくしているということは、多くの人と接し、情報を集め 発信していると思います。
だけど、それがうまくお金に換えられないのです。
本当にもったいないですね。

換金力が弱いのは、情報のアウトプットの方法が誤っていることが多いのだと 思います。
例えば、業者には流れていない不動産情報があるとします。
これがいい情報であれば、力のある不動産業者へ持って行き、成約すれば 紹介手数料をもらえます。
しかし、いい業者を知らなければお金になることはありません。
売れそうな商品の仕入ができるのなら、小売業者を見つければあなたは卸業を 行うことができます。
情報をどのように加工して、アウトプットしお金に換えるのか
最も大事なところです。

■ 貧乏父さんになってしまうわけ
忙しいのにお金がない。
その原因をまとめますと
① いい情報が集まらない
だから 儲からないビジネスをやってしまう
② 情報の加工力がない
いい情報なのにそれを分析 加工できないため使える情報にならない
③ 情報のアウトプットをしない
情報をお金に換えようとしない
いかがでしょうか?
お金が無い・・・という方は この3点のどこがが壁になっているのでは ないでしょうか。
私の知り合いでも、幅広い人脈を誇っている方がいます。
しかし、その方の人脈は情報に裏づけされていないために、ビジネスには ほとんどつながっていません。
お金を引き寄せるには上記3つの壁を乗り越えなければならないのです。

■ ビジネスは換金力がものをいう
ビジネスにおいては、換金力がモノをいいます。
どんなにいい商品でも
どんなにすぐれた技術であっても
すばらしい経営理念があったとしても
それがお金に変わらなければ、企業としては成り立たないでしょう。
どれだけ 自社の商品 サービスを早く換金するかが、ビジネスの重要 ポイントなのです。
お金を払ってくれるのは顧客です。
ですから、いかに多くの見込み客を開拓して顧客と接するか(マーケティング)
見込み客にどれだけ商品を販売し代金をいただくか(営業)
が大事になってきます。

■ 営業とは何か?
営業とは何か?
お客様を説得すること
お客様に尽くすこと
信用を得ること
様々な解釈があろうかと思います。
私の営業の解釈は 「商品・サービスをお金に換える」ことだと思います。
営業マンの中には、トークが流暢で、商品説明も抜群にうまいが 結局は成約できない者がいます。
これは最後の詰めが甘いのだと思います。

お客さんも説明を聞いていながら、最後は「考えときます」といって 決断できない。
最後にお客さんに お金を払う ことを決断させることができるか否かが 営業の重要なポイントでしょう。
営業マンはどこかで 「お金をください」という旨を言わなければ なりません。
それがクロージングです。
目一杯値引きしましたから契約お願いします
これが最後の見積もりですので契約お願いします
と言えなければなりません

■ テコの原理
お金を儲けるにはテコが必要です
儲けている人は何らかのテコを使っています
例えば
・従業員を雇って 彼らが生む利益の上前をはねる
・インターネットを活用して不特定多数へ販売する
・資金を運用して稼ぐ
のように 自分があまり動かなくても稼げるようなしくみを つくります
要は 自分の時間当たりの利益を上げるのです

このようなテコを利用しなければ いつまでたっても自分の時間の 切り売りで儲けには限界があるのです
お金を儲けるにはテコが必要です・・・
従業員を雇うには先行してお金がかかりますね
まずは できるだけお金をかけずにローリスクで お金を稼ぐしくみをつくる方が賢明です
その点インターネットビジネスは初期投資が あまりかからず はじめやすいですね
リアルビジネスでも 代理店制度を設けて成功している 人がたくさんいます

■ お金は回せば集まるようになる
お金は天下の回りものといいます。
お金は回ることにより、ビジネスに関係する人が潤って幸せになります。
ところが 入ってくるお金を回さなければ、最初はお金が溜まるかも しれませんが、だんだんと減っていくでしょう。
なぜなら、人や情報は見返りがないところには集まらないからです。
テイク テイクで ギブをしない人は、結局儲けることができません。
お金を引き寄せるには、お金が回っているグループに入ることです。
そのようなグループに入れば、あなたは利益率の高い仕事をすることが できます。
お金を値切り合い、支払いが遅いようなグループで仕事をすれば あなたは段々貧乏になってくるでしょう。
いい情報と人を集めようと思えば、あなたは入ってくるお金の一部を ださなければいけません。

■ 最後は人柄
お金を引き寄せるにはクロージング力が大事であることを述べました。
価値ある情報を集め、加工し、出口を見つけて提案し、クロージングすること を繰り返せば、あなたのところにはどんどんお金が増えていくでしょう。
そうすれば、その噂を聞きつけ、またいろんな情報が集まってきます。
それがさらに、お金を生むという形で、あなたはお金を生むスパイラルを つくることができます。
しかし、お金を増やそうとするあまり、人を騙したり、信用を失くすようなこ とは決してすべきではありません。

世の中はあなたが思うより狭いもの、あなたの悪い噂は瞬く間に知れ渡ります。
そうすれば、あなたのことろには 価値ある情報やお金は集まらなくなります。
そして、怪しげな人物のみ近づいてくるようになります。
私は、最後は人柄で決まると思います。
人柄さえよければ、お金が集まるわけではありませんが、あなたに情報とお金 が集まりだしたら、なおさら誠実でなければいけません。
お金のトラブルで思い悩むのは精神的にもいいものではありません。
怪しい人物 情報は避けて、信頼できる人と誠実にビジネスを行うのが 長期的にお金を生む秘訣だと思います。

Categories:   経営・ビジネス

Comments