infodesk.club

成功者の思考法

職業柄 おかげ様で たくさんのビジネスの成功者を見てきました

しお話をお伺いしました。

 

反面たくさんの失敗者もみてきましたが・・・汗

 

成功者の方には ある部分の共通項があることがわかってきました

一見 そんなに すごいことではないように思います

たぶん 意識すれば誰でもできることかもしれません

 

その 3つの項目をご紹介していきます

その1つ目は

成功をイメージすることです

しかも 強く より具体的に 鮮明に

自分が成功しているイメージだけではなく

どのようなプロセスで どのような行動をとり 成功したかを

具体的に 鮮明にイメージするのです。

成功者いわく

「肉体は イメージを追っかける」ということです

成功者、仕事ができる人は常にイメージし、考えてます

だから 行動するときはそれをアウトプットするだけ

なのです。

 

仕事ができない人は、行動するときに考えはじめます

この 時間の差が人生の中で大きな差になっていくのです

成功イメージができてきたら、それを紙に書きましょう

そして 自分がそのとおりに行動しているかチェックしましょう。

イメージする時間は 起床した時がいいみたいです

アルファ波が脳から出ているからとか・・・

私も実践してます

 

2つ目は 情報アンテナをたくさん作っているとうことです

ある人は ものすごい人脈を持っていたり

ある人は活字中毒といわれるくらい本を読んだり

判断というのは 持っている情報の組み合わせで

なされるのですから、情報量が多いほど

いろんな角度から 的確な判断がされるのだと思います

 

判断に必要な情報が少なければ、的確な判断ができずに

失敗してしまいます。

やはり価値ある情報は 人間から人間へ直接伝わることが

多いようですね

ある社長は ここぞと言うときは メールや電話で済ませず

30分の話でも 3時間かけて先方へ足を運びます

 

先方も わざわざ来てもらったということで

つい リップサービスしてしまうということです

その3つ目は行動が早いということです

ある社長と飲んでて たまたま私がしゃべったあるビジネスを

メモしてたと思いきや 2週間後にあったときは

もう 実行していました。

計画は70%だとしても とにかく早くやることが大事なんですね

 

その社長も言ってました

「やってみなきゃわからない」

100点で時間かけるより 70点で早い方がいいというわけです

行動する場合は何らかの仮説を持ちます

それを検証するのが行動です

ビジネスは仮説と検証の繰り返しなのです。

 

すぐれたPOSで有名なローソンですが、できるスーパーバイザー

というのは仮説と検証を繰り返すことができる人です。

単純かもしれませんが、成功のためのエッセンスが含まれていると

思います

是非 皆様も実行されることをおすすめします

Categories:   経営・ビジネス

Comments